What's New

2015.8.23
今年のうち水っ娘大集合!!は無事終了しました!!
当日の様子はこちら
2015.8.18
第2弾 参加ゲスト第2弾 参加ゲストが確定しました!!
2015.8.17
イベント開催時間をAM11:00に変更しました!!
2015.8.11
第1弾 参加ゲスト第1弾 参加ゲストが確定しました!!
2015.7.30
プレスリリース公開しました!!
2015.7.30
WEBサイト公開しました!!

当日の様子

セカンドシーズンの始まりの「うち水っ娘大集合!!2015」は8月23日(日)に気持ちよく晴れたお天気のもと、
秋葉原に集う23の企業や店舗・団体の皆さんと、思い思いの格好で楽しく打ち水をさせて頂きました!!

多くのみなさんに囲まれて、事故なく無事に開催させて頂けましたことを心より感謝申し上げます。

打ち水は誰にでも簡単に始められて、続けられるエコ活動です。
うち水っ娘が、おうちや職場で打ち水される方の増えるきっかけになれればとてもうれしいです!!

~ 涼しくなぁれ!! ~

うち水っ娘大集合!!
セカンドシーズンとは

みんなで楽しく打ち水をして、暑い夏の秋葉原をちょっとだけ冷やす。
「うち水っ娘大集合!! 」はたったそれだけのイベントです。
だけど毎年たくさんの参加者で盛り上がり、今では「アキバの夏の風物詩」と呼ばれるまでになりました。

これまでの11回の活動を通して、秋葉原に集まるたくさんの方々に参加・応援して頂き、
メディアの皆さんには秋葉原からも温暖化対策や社会への貢献ができることを伝えてきて頂きました。

今年で12回目の「うち水っ娘大集合!!2015」は、これまでで最大のリニューアルを敢行します。
会場はベルサール秋葉原 1階イベントスペース(アキバ大好き!祭り会場内)に変更。
今年は一般のみなさんとの「一斉打ち水」はできませんが、メイド服&コスプレでの打ち水姿が復活します!!

時代の変化に対応しつつも「秋葉原らしさ」を貫くこと。
好きな格好で楽しく打ち水するために、一部仕様を変更しました。
私達はこれを、うち水っ娘の「セカンドシーズン」としてお届け致します!

公式キャラクター「2℃ちゃん」も2015年風に大胆にアレンジしました。
参加店舗の方々には、アキバらしく制服やユニフォームで参加できる人達にだけお願いしました。
セカンドシーズンらしく、タイトルの「!!」を2つにしました!!

うち水っ娘は、秋葉原の中から秋葉原らしく好きな格好で地球温暖化に立ち向かうんです!
ぜひみなさん、一緒にセカンドシーズンの第一話を体験しに来てください!

打ち水効果について

1平方メートルあたり、1リットルの水を撒くと、気温が2℃下がる。
この仮説は、ヒートアイランド現象への対抗策の研究において、
国土交通省の機関である土木研究所が出したシミュレーション結果のひとつです。

打ち水とは撒いた水が蒸発するとき、まわりの熱を奪って気温を下げるという、
気化熱を利用した昔ながらの日本の知恵です。

私達が大切にしているポイントは打ち水には「二次利用水」を使うこと。
つまり、一度何かに使った水を使うことで水資源も大切にしたい。
日本は雨がたくさん降る国ですが、実は一人あたりに換算してみると使える水はかなり限られています。
だから、雨水やお風呂の残り湯やなど「捨てるはずだった水」をみんなで持ち寄って、限りある水を大切に使う。
これが「うち水っ娘大集合!」の考え方です。

打ち水についての色んな知恵は私達も連携している
打ち水大作戦のホームページでも詳しく知ることができますのでぜひご覧下さい。

「うち水っ娘大集合!!」公式キャラクター
2℃ちゃん三姉妹とは

2004年8月「うち水っ娘大集合!」のイメージキャラとして原案三橋加奈子(現リコリタ理事)と絵師あぼしまこによって作成。
環境問題には無縁に見える秋葉原の人々が、趣味の延長線上で社会貢献できるきっかけを提供する環境キャラクターである。

キャラクターの設定

地球から「地球22分の1個分」離れた雲の上にある、スイカ22個分の小さな惑星に住む三姉妹の妖精。ヒートアイランド現象により、地球の気温が上昇すると、彼女らの星も影響を受けて暑くなってしまう。日頃は残り湯などの二次利用水を使って打ち水をして涼んでいる。だが、ある時我慢しきれず地球に舞い降りて打ち水により地球の温度を下げだした。

しっかりものでおすましさんの長女、明るく活発で暴れん坊の次女、無口なうえ、無表情な三女の三姉妹。打ち水の方法は、長女がひしゃく、次女はバズーカ型水鉄砲でそれぞれ水を打ち、三女が扇で扇ぐというスタイル。三人とも地球上では自由に空中をスイスイ飛ぶことができる。


次女

三女

(2005~2007ver.)


セカンドシーズンVer. in 2015

誕生から11年を経た2℃ちゃんを、僕ら若い世代にも響かせてみることを狙いました。コンセプトは「ゆとりの萌え」。衣装は巫女装束のイメージを残しつつも「大胆めの露出」で打ち水の季節である夏らしさも表現。可愛さとほんのちょっとのカッコよさを同居させることでコスプレイヤー心をくすぐる「非現実」なバランスを持たせました。これまでの弧を描いた固定シルエットの髪型は 自然なウェーブを効かせた仕様に変更。それにより髪型からも表情をつけやすくなり、多様な萌え要素に対応してアレンジができます。これには、二次創作を積極的に受け入れて愛着を持ってもらえるキャラに成長してほしいという思いを込めています。「わき」と「絶対領域」を魅力的に描くことにも少し必死になりました。


うち水っ娘大集合!!の歴史

2004年、「うち水っ娘大集合!」は秋葉原の芳林公園でひっそりと生まれました。
現リコリタ理事長の真田が、前年に「打ち水大作戦」の活動を知り個人的に参加。
秋葉原でも同じようなことが「秋葉原らしく」できないかと考えたのが活動の始まりでした。

真田は秋葉原が大好きな仲間達に呼びかけて実行委員会を作り
「秋葉原なら萌えキャラが欲しいでしょ!」「アキバ式の打ち水ルールを作ってみようよ!」
と、今思えば少々「悪ノリ」も交えながら、知り合いのコスプレイヤー・メイドさん達にも声をかけて
第1回の「うち水っ娘大集合!in アキバ」をとても小さな規模で実行しました。
その時に生まれた萌えキャラが「2℃ちゃん三姉妹」です。

始まりはそんなちっちゃな「うち水っ娘」でしたが、「エコ」に関心のある人達にとっては
萌えキャラとコスプレイヤーが集う「エコ活動」の出現は想像の斜め上の発想だったようで
全国規模に拡大をしようとしてた本家「打ち水大作戦本部」から、これまた斜め上な連絡が入りました。

~ 2℃ちゃんを全国の打ち水大作戦の公式キャラクターにさせて欲しい ~

その結果、翌2005年に2℃ちゃんは「アニメ(こちら)」に登場。
制作はSTUDIO4℃さん、2℃ちゃん三姉妹の声を演じたのはPerfumeさん。
一足飛び2℃ちゃんは全国区へと躍り出ました。

そんなご縁で2005年のうち水っ娘大集合!にはPerfumeさんと桃井はるこさんが参加。
会場も芳林公園から秋葉原駅前に移し、後に「夏のアキバの風物詩」と呼んでもらえるイベントの礎が形作られました。

続く2006年には映画「アキハバラ@DEEP」ともコラボレートし、出演者の
山田優さん、成宮寛貴さん、三浦春馬さん、荒川良々さん、主題歌を歌うAAAさん達とも
一緒に打ち水をさせてもらい、秋葉原の街が全国区の人気を得るのと同じくらいのスピードで
「うち水っ娘」の名前もみなさんに知って貰えるようになりました。

その後もイラストレーターの七瀬葵さん、秋葉原・江戸の守り神の神田明神さん、
アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」や「ラブライブ!」ともコラボレーション。

秋葉原ならではのメイド店や電器店・飲食店、JR秋葉原駅の皆さんや警察署・消防署の方々など、この街で出会った
たくさんの人達と一緒に打ち水することで、秋葉原から地球のことを考える時間を過ごさせてもらいました。

だけど、そんな思い出深い「駅前広場」から 私達は去ることを決めました。
それは駅前では描けないシナリオを実現するため。
中央通りに舞台を移すうち水っ娘のセカンドシーズンには、どんな物語が待っているのか。

8/23(日) 朝11:00をお楽しみに!

お問い合わせ

報道機関・媒体社の方々へ

「うち水っ娘大集合!!2015」では、ご取材頂ける報道機関・媒体社の皆様からのお問い合わせを絶賛お待ちしております。

報道関係者向け:プレスリリース(取材の案内)
問い合わせ先:press.licolita@gmail.com


問い合わせる

その他のお問い合わせ

「うち水っ娘大集合!!」や「NPO法人リコリタ」への一般のお問い合わせはこちらからどうぞ。

問い合わせ先:info.licolita@gmail.com




問い合わせる